Business Card

良い名刺を制作するためのポイントは?

折角自社に良いものがあったとしても、名刺の印象が最悪では客足も遠のいてしまうかもしれません。それだけ名刺というのは会社の命運を分ける重要なものなのですが、そんな名刺をできるだけ良いものに仕上げるには、どのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。そのポイントについて見ていきましょう。
名刺の第一印象を決めるのは、デザイン、その内の色合いが最も左右する要因だと言われています。その為、押さえておきたいポイントの一つ目は、色合いだということになります。自社のコーポレートカラー、つまり、会社の持つイメージを色で表したものがしっかり定まっていないと、名刺のデザインが定まらない原因にもなりますから、まずはイメージを表す一色を決めることが先決です。
そして、もう一つ押さえておかなければならないポイントは、用紙の種類です。用紙など何でも良いと思っている方は結構多いようですが、実は用紙が違うだけで名刺は大きく印象が変わってしまいます。例えば、光沢用紙か普通の用紙かでは、前者では明るい印象が持たれ、後者では落ち着いた印象が持たれると言われています。用紙の違いで色合い以上に印象が変わってしまうのですから、用紙の種類はしっかりと検討しておくことが大切です。他にも良い名刺を作るためには様々なポイントがありますが、自社のイメージアップにはこの二点を押さえておけば十分効果が見られるでしょう。

Sub Menu

スピード重視で名刺印刷を選べば万事快調

ビジネスの場やお客様相手に渡していると名刺はいつの間にかなくなってしまいますから、しばらく肩書きやロゴマークなどが一緒のままとわかっているのなら、できるだけ余裕のあるストック…

業者に名刺印刷を依頼するときの心構え

ビジネスの世界では相手を信頼して任せた方が良いことと、その逆を見抜くセンスが将来の進路を決定付けます。初対面の挨拶でビジネスマンにとっての必須アイテムに名刺がありますが、これ…