Business Card

名刺作成の際に確認したい色合いについて

色というものは、それだけで多くの情報を伝えます。例えば、赤というだけで熱い印象や危険なイメージが、緑というだけで落ち着いた印象や安全なイメージが伝わってくるはずです。こういったイメージと色合いというのは、災害時の非常灯などに応用されているのですが、実は名刺作成においても全く同じことが言えるのです。
名刺と色合いの関係について少し見てみましょう。名刺とは一種のマナーのようになっていますが、基本的にはお客様に印象を残してもらうために渡すものです。色合いが大切だと言われる理由には、色合いによって印象ががらりと変わってしまうからです。これは極端な例ですが、クリーンなイメージを伝えたかったにもかかわらず、赤や黒を使った配色の名刺ではどのような印象を持たれてしまうでしょうか。このように、色合いを誤ると、本当に伝えたかったイメージが伝わらない可能性が出てくるのです。これが名刺作成の際に色合いを確認しておきたい理由と言えます。
では、どう注意すれば色合いの選択を誤らずに済むのでしょうか。この問題を予防するのはとても簡単で、デザイナーにあらかじめ自社のイメージを伝えておき、しっかりと打ち合わせをしておけば確実に防ぐことができます。デザイナーはプロですから、色合いがどのような印象を持つのか熟知しています。このように、色合いについてはデザイナーに相談を仰ぐのが得策と言えるでしょう。

Sub Menu

スピード重視で名刺印刷を選べば万事快調

ビジネスの場やお客様相手に渡していると名刺はいつの間にかなくなってしまいますから、しばらく肩書きやロゴマークなどが一緒のままとわかっているのなら、できるだけ余裕のあるストック…

業者に名刺印刷を依頼するときの心構え

ビジネスの世界では相手を信頼して任せた方が良いことと、その逆を見抜くセンスが将来の進路を決定付けます。初対面の挨拶でビジネスマンにとっての必須アイテムに名刺がありますが、これ…